趣味の総合サイト ホビダス
 

グリーンマックス飯田線荷電併結5輌編成セット+α(2)

素組立てに近い内容で作ってますので、すでに基本塗装は終わっています。

 


GMカラーのクリーム1号と同じく青15号で塗り分け、その後インレタで形式を入れ、クリア塗装で表面保護と艶調整をしています。
屋根の色は今回はクレオス37番「RLM75グレーバイオレット」を使用しています。

 

青15号の塗料が途中で無くなり、違うロットのもので塗ったら色合いが若干違いました。
クモハ3輌とそれ以外4輌では、青色の濃さの違いがはっきり分かるようになってしまいました。

 

なおクモニ以外の車輌の屋上機器類は、ねずみ1号を別に塗ってからの取付けです。

 

Hゴムはまだ正面分しか塗っていません。Hゴム窓は断面を黒く塗ってからHゴム表面にだけグレーを塗り、細く見えるようにしています。

 


平妻3輌です(左からクモハ43007、クハ47108、クモハ51069)

 


半流3輌です(左からクハ68402、クモハ54008、クハユニ56004)

 


クモニ83101です

 


クモニ83101の正面は、マスキングゾルをキットの境界線に沿って塗り、マスキングテープと併用して塗分けました。
仕上がりは、まずまずといったところです。

グリーンマックス飯田線荷電併結5輌編成セット+α(1)

2015年になってしまいました。今年もマイペースで進めていきたいと思います。

 

KATOから飯田線旧国の完成品が続々と出ているので、今さら感のあるグリーンマックスのキットの組立です。
パーツを使っての精密化もいいのですが、今回は他社製のパーツを使わずキット本来の素朴な味わいを楽しむことにします。

 

ということで、タイトルのセットに単品のクモハ51(54として組み立て)キットとクモハ43キットを加えています。

 

プロトタイプは一応、クモニ83101、クハユニ56004、クモハ54008、クハ47108、クモハ43007、クモハ51069、クハ68402としていますが、あまり形状にこだわるつもりはありません。
キット内のパーツで簡単な追加工作程度で、基本は素組立てです。

 

すでに7輌ともに箱に組み上がっています。
手スリとかライト類の交換を考えてないから早いです。ただ基本だけはしっかりしたいので、接合面の修正等はしておきます。

 

簡単ながらの加工は下記のとおりです。

 

クモハ54007は幌受けのみとしますので、幌用の穴は埋め、幌にモールドの渡り板を接着してます。
未塗装だと渡り板がチョビヒゲみたいです。

 

クモハ51069の大きな幌受けは、付属の幌そのものをクリーム色に塗って雰囲気だけ出します。
幌横の出っ張りと、上辺のカーブは削って誤魔化します。

 

クモハ43007の幌受けは、付属の幌の表面だけを切り出して、前面に接着です(写真撮り忘れです)。

 

クハ2輌についてはトイレ付ですので、クハ68402は便所横の窓は丸ごと埋め、クハ47108は、1/3程度埋めてます。
クハ47108はいかにも窓幅を縮めました、という工作です。

 

なおクモハ54008、クハ68402、クモハ51069の前面助手席側の窓は、中桟を切り取って1枚窓化してますが、段差はそのままです。
いつもなら窓枠を削り落としてプラ板から作り直すのですが、ここも手抜きです。

 

実物にこだわりすぎて作業が進まない車輌も多いのですが、たまには気軽にキットを作るのもいいものだなぁ、と思っています。

GMの113系30Nを買いました

先日発売されましたグリーンマックスの113系7700番台の30N、さっそく購入しました。

 

更新色の基本セット及び増結セット、京都地域色のセットの3種全部買ってしまいました。
この前、京阪800も買ったところなので、金銭的にはかなり痛いです。何で欲しいものは同時期に出るのだろう・・・
当面、節約して地味に過ごします・・・

 

さてGMの113系30N、さすがに最新作だけあって、車体のディテールは素晴らしいです。
前面なんかは、TOMY、KATO、マイクロエースよりもいいのではないでしょうか。
ただ、床下と塗装については、あと一歩かなと。
先頭車両にスノウプロウが無いのと、便所付クハに水タンクが付いてないのは、高価な製品だけに惜しいです。

 

ということで、これまでの製品と先頭車だけ並べてみました。まだ付属品すら付けてませんが・・・

 

更新色各種です。
左からGM113系30N、マイクロエース113系40N、KATO115系岡山更新、ついでに昔GMキット改造で作った113系40N
色的にはKATOが一番実車の印象に近い気がします。マイクロエースは茶色と青帯が濃すぎ、GMはベージュはもう少しだけ濃くてもいいかな、と。
自分で作ったのは、茶色が薄すぎて論外・・・

 

京都地域色です。
左からGM113系30N、この前キットから作った113系5700番台、マイクロエース117系
実車も、天候や光の具合で見え方が違うのですが、GMは少し違うようにも感じます。
自分で調合した5700番台は、GMとマイクロの間の色合いで、どちらかと言えばマイクロ寄りっぽいです。

 

どちらにしても、GM113系は床下を中心に手を加えたくなります。
ただ、高価なだけに失敗が怖いような・・・

 

L7編成のように更新色+湘南色も欲しいところですが、懐具合を考えると先頭の30NはTOMIX or KATOの改造になりそうです。
でも、マイクロの30Nも欲しいなぁ・・・

Filed under: N車輌 — kenyan 8:06 PM  Comments (0)

久しぶりの再会(広セキH-01編成)

仕事の関係で山口県宇部市に行く用事があり、113系現役最後のR窓車を見れるチャンスと思い、12日の日曜から宇部入りしました。
その編成はもちろん、広セキのH-01編成で、先頭車はクハ111-811及び812、中間車は115系の1000番台です。
クハ111については、一時期草津線専属で、毎日同じ時間に来ては同じ運用で走っているのでした。

 

現車を見るのは翌日ということでネットで情報を収集していると、この編成は本日は山口県でも岩国以東を走っている様子。
明日は台風も近づくので、徐々に運転本数を減らすとのこと。
とりあえず、岩国に行こう!ということで、13日は朝から台風で雨風が強まる中、宇部から岩国駅まで車を飛ばしました。
見れるという保証もない状態で不安なまま岩国市内に入るのでした。

岩国駅近くのパーキングに止めて駅に向かってる時、フェンス越しにみたものは・・・

 

あのクーラー、あのベンチレーター、間違いなくH-01編成です。手前の115系先頭車もR窓仕様の初期車・・・
いや~、来た甲斐がありました。
早速入場券を買ってホームに入って撮影。何年ぶりの再会だろう、10年以上経ってるのは間違いないなぁ。

 

次第に雨は強くなりながらも

 

本当にすごい雨になってきたなぁ・・・

 

昔の草津線時代を思い出しながら(当時のクハ111-812)

 

同じく草津線時代のクハ111-811

 

この特徴あるヘッドライト

 

コイツ(クハ111-5806)を思い出すなぁ・・・

 

模型でも作ったなぁ・・・

 

その後、模型用に細部の写真をいくらか撮り終えました。

 

同じ顔つきのクハ115とは解結されて、4輌編成で広島方面に走り去ったのでした。

(後ろの40Nのクーラーが更新されてるのに、今気付きました)

 

227系も出場したことですし、この先も長くないかもしれません。
もう一度天候のいい時に来たいものです。

 

へたくそな写真ばかりでスミマセン・・・

Filed under: 実物資料,日記 — kenyan 10:03 PM  Comments (0)

113系5700番台京都地域色(抹茶色)を作ろうかと(完)

やっとのことで完成です。最初に始めたのが正月休みですので、8ヶ月以上掛かってます。
まだ手を加えたいところはありますが、まずは形になったので取り合えずの完成です。
今後、室内装置やライト関係で追加作業できれば、と思います(いつになるやら)。

 

前回のカセット式トイレタンクは手持ちのスプレーのタミヤTS-68木甲板色を使いましたが、意外に合ってた気がします。
写真で見ると取付位置が少し高いので、プラ板のスペーサでも挟んだ方がいいかもしれません。

 

床下機器には、銀河モデルN-187床下引通管を付けてグレードアップしてみましたが、結構いい感じです。
モハはそのまま使いましたが、クハにはそのままでは長いので、切り詰めて使いました。
写真では分かりませんが、乗員扉下には銀河モデルの梯子を付けてます。ただし運転手側は台車と干渉するので、前方にずらして取り付けました。

 

戸袋の広告シールは窓の厚みを強調するのではないかとやめてますが、1箇所だけ試しに付けてみました。
想像よりは違和感がないですが、結構作業が面倒で、後に続きませんでした。

 

ということで、この車輌はいったん終了です。

 

次はアルファーモデルのキットで湘南色のC10編成を作りたいのですが、中間車のキットが発売されてからですね。
その前に他の仕掛品を仕上げねば・・・

113系5700番台京都地域色(抹茶色)を作ろうかと(27)

また期間が開いてますが、少しずつ進めてます。

 

スカート以外、進んでなかったクハ111床下機器の取付けです。
基本は、昔からのグリーンマックス一体成型のクハ103キットに入っている黒成形の床下機器です。
昔のTOMIXのクハ111の1000番台を参考にしたような配置で、5700番台でも近い雰囲気です。
ただし、形状の違う蓄電池箱や足りない機器類は、他のパーツから集めたり、原型を自作してレジンでコピーしたものもあります。

 

裏返したところです(白色の部品がレジン製です)。
水タンクはTOMIXのパーツにしました。

 

側面から。

 

逆サイドから。

 

先頭車の台車には、かなり古い銀河モデル製のスノープローを付けてみました。

 

カセット式トイレタンクは、バルディローズ製のホワイトメタルパーツです。

 

まだ、足りない部品もあるのですが、これだけの密度になればある程度見れる状態になったかな、と思ったりしています。
早く塗装したいのですが、休日のたびに雨です。

113系5700番台京都地域色(抹茶色)を作ろうかと(26)

前回から1か月以上経ちましたが、まだ完成はしていません。

 

とりあえず、不満なものもありますが、全車に窓ガラスを取付ました。
ガラスを付けるとかなり完成に近づいた感じになります。

 

まだ先頭車だけですが、やっとのことで半自動ドアの取っ手が付きました。
最初、透明のゴム系接着剤で付けていましたが、扱いにくいので、途中から木工用ボンドでの接着に変更しました。少々はみ出しても透明で薄いのであまり目立ちません。
また同じく先頭車のみ、ドア窓にドア注意のインレタ(くろま屋製)を転写しました。スケールより若干大きいようですが、それほど違和感はありません
優先座席のマークは、Gマックス103系(関西型)用のステッカーからです。
さらに戸袋窓内側に青い広告シールを貼るといいのですが、窓の厚みがモロに出そうなのとかなり面倒そうで、まだ手が付けられてません。

 

パンタグラフは1本ホーン化しています。使用したパーツはBARDIROSE(バルディローズ)製のパーツです。
パンタ稼働部ボルトというパーツも入っていたので、ついでに付けてみました。

 

前面はあまり変わり映えしてませんが、スカート高さを抑えるため、TNカプラー胴受の上側を0.3ミリほど詰めました。
一番左は発売された、アルファモデルのクハ115の300番台です。これも113系5700番台にする予定ですが、中間車がまだなので着手するのはまだ先になりそうです。
実物の方は、いつの間にか湖西線40周年のヘッドマークが外され、ピカピカの湘南色で出場したC10編成に付け替えられてしまいました。

「湖西線開通40周年」だけれども、草津線

今日夕方に見た113系C17編成です。

「湖西線開通40周年」のヘッドマークですが、草津線のホームです。

草津線沿線と湖西線沿線は、同じ滋賀県内でもほとんど交流ないからなぁ・・・

これで私が製作中のC17編成の模型も、草津線の方向幕でもヘッドマークが付けられます。

 

模型のヘッドマーク作製用に、もっと鮮明な写真を撮らねば・・・

Filed under: 日記 — kenyan 9:08 PM  Comments (0)

湖西線開通40周年のヘッドマーク

今日の仕事帰り、模型作製中の113系C17編成に、湖西線開通40周年のヘッドマークが付いていました。
突然だったので、残念ながら写真撮れてません。

 

湖西線が40年ということは、113系5700番台も40年ということか・・・

 

このヘッドマークで草津線を走ることもあるのかな?

Filed under: 日記 — kenyan 8:21 PM  Comments (0)

113系5700番台京都地域色(抹茶色)を作ろうかと(25)

現在、窓ガラスの量産中です。
結局、ゴム型は1個のみで頑張ってます。型がどこまで持つかは不明です。
細かな気泡が入った失敗作が多いので、相当量作って良品を選ぶ必要がありそうです。

 

ついでに配管を塗り分けたモハ112-5713のパンタグラフ周りです。
ヒューズボックス下あたりで、ライトグレーをこぼしてしまいました。
修正はしましたが、よく見ると跡が残ってます。

 

改めて、アルファモデルから発売予定の115系300番台を使えば、半分以下の労力でこれよりもいいものができるのだろうなぁ・・・と思ってたりします。