趣味の総合サイト ホビダス
 

GM及びαモデルの113系新製冷房車の比較(クハ111のみ)

2016年もあと僅かとなりました。
今年2回目の更新が、今年最後の更新となりそうです。
といっても私の私生活を書いても、誰も興味がないと思いますので、今回も作った模型の報告です。

 

作ったのは113系の新製冷房車です(グリーンマックスキットでは量産型冷房車)。
側面のサッシ窓がユニット窓になり、ヘッドライトはシールドビーム、そしてAU75による冷房が当初より付いています。

 

模型としては、0番台と2000番台の間で目立たない存在のせいか、しばらく製品化されてませんでした(似た側面の1000番台はありましたが)。
1990年頃にグリーンマックスがキット化した後、ウィンの半完成車体、マイクロエースの完成品、そしてアルファーモデルの車体キットが続いています。
さらにKATOやTOMIXも似た外観の115系300番台を製品化したので、そのうち製品化するのではないでしょうか?

 

ということで、今回はその中でグリーンマックス(以下GM)とアルファーモデル(以下αモデル)のキットを素組立てで組み立てました。
他社製パーツを使用しないと完成しないαモデルはともかく、GMはグレードアップパーツは一切使用しない方針で作りました。

 

なお、αモデル製は中間車が未発売のでしたので、まだ作ってません(最近発売)。
どとらにしても、今更といった比較です。

 

前面の比較。左がGM、右がαモデル。
GMはライト、タイフォン、手スリ類のディテールが、やや上寄り気味です。
またライト、タイフォンともに小さめです。
オデコ、方向幕、幌枠の形状や、渡り板が無いことなど、発売当時でも疑問でした。

 

αモデル製は最新だけに、とてもいい出来です。
ライト、タイフォンは別パーツですので、塗装後に取付け出来、マスキングの邪魔になりません。
窓ガラスが、初期型の流用のため、助手席側ワイパーがシングルアームなのと、運転席内側にデフロスターが表現されれいるのが実車との相違です(ワイパー、デフロスター無しのガラスも入ってます)。
方向幕の角Rがもう少し緩くてもいいかな、とも思います。でもガラス越しに文字が見れて実感的です。
ジャンパー栓納めは、まだ付けてません。

 

この角度から見ると、オデコの違いがよく分かります。
GMは何を参考にしたのだろう?

 

側面です。上がGM製、下がαモデル製です。
Hゴムを車体側に表現したGMと、ガラス側に表現したαモデルでは、イメージがだいぶ違います。
GMキットでは、雨樋下辺から客扉上辺までの距離が短いので、湘南色等で塗る場合は緑が細くなりがちです。
前面とのつなぎにも苦労します(結構ごまかしが必要かも)。
下回りは、GMは純正品、αモデルはKATOの流用で作ってますので、ここでは比較しません。

 

側面前側の比較です。
GMは窓の合いが悪く、ガラス周囲に隙間があり宙に浮いてるようになります。
またガラスの厚みも見えてしまうため、せっかくのはめ込みガラスの意味がない感じです。
ドアの窓もHゴム周囲の凹みがないので、小さく見えます。

 

αモデルは最近の製品なので、はめ込み具合もいいです。
ただ、ガラスの肉厚を裏側で薄くしたところの断面が見えるのが残念です。

 

側面後ろ側です。
GMでは、便所対面の窓位置が中間車と同じままです(ただし方向幕はなぜか後ろに寄ってる)。
またドアコック蓋は単なる彫り込みです。

 

αモデルは、窓位置を中間車とは作り分けてます。
ドアコック蓋も実物どおり枠のついたタイプです。
前面と同じく、方向幕はガラスの内側にシールを貼れるようにしてあり、ガラス越しに行き先が見れます。

 

連結面側です。
ディテールの違いはありますが、普段連結すれば見えないところですので、それほど違いは気にならないです。
貫通幌を付ければ、さらに見た目の違いは少なくなるでしょう。

 

屋根上です。屋外GM、手前がαモデルです。
GMでは、ベンチレータ、クーラともに付属しています。
ベンチレータはやや幅が広めです。
クーラーはAU75Gのリブを削って使うように指示されてますが、実車にはない形状になってしまいます。リブを削らずそのまま銀に塗った方がいいかもしれません。

 

αモデルは、ベンチレータはTOMIXのパーツを推奨、クーラも自社製を含めてお好きなものを使えるようにしてます。
ちなみにベンチレータは、GMの113系キットの押込みベンチレータも付けられます。

 

全体を比較すると、やはり後発製品のαモデル製の方がディテールがいいです。
GM製は、側面に結構なスジや段差があり、その修正だけでもイヤになってしまします(ある程度妥協が必要かも)。
ディテールアップや修正をするくらいなら、最初からアルファーモデル製を使う方が時間的にも精神的にもいいかもしれません。
でもGMの素朴な前面も、見慣れてしまうとなぜか好きになってしまいます。

 

GMは瀬戸内色や単色ならば、前面と側面のごまかしの必要がなく、いいかもしれません。

 

なおGMの方は4輌で組み立ててます(動力までグリーンマックス旧製品にこだわってたりします)。

Filed under: 113系新製冷房車(量産冷房車),N車輌 — kenyan 8:47 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">