趣味の総合サイト ホビダス
 

クハ68408(GMキットから)(1)

久しぶりの更新です。
もうひとつのブログの車輌製作が落ち着いたので、自分の車輌も作ってます。
といっても、2月ぐらいからこの車輌を作り始めてましたが。

 

グリーンマックスのキットからですが、KATOの飯田線旧国完成品にどこまで近づけられるか、実験的な組立です。

 

グリーンマックスの旧国シリーズは、KATOや鉄道コレクションに比べると、大きめに作られたます。
クハ68のキットでは車体の幅はほぼ同じですが、高さ方向については、特にウインドシルから下の腰板部分が大きいです。
ですので、側面はまずKATOのものに合わせて車体裾部を切ってみました。
これで、連結したときに青15号の割合が極端に狂うことはないと思います。

 

さらに側面の扉関係は全てタヴァサのパーツに置き換えてみました。
この作業は面倒なのと自信がなかったので、あまりやったことがないのですが、何とか出来ました。

 

トイレ窓の隣の窓はt0.5プラ板で埋めています。

 

作製中の側面

側面の状態

 

前面は裾部はまだ切ってませんが、これは箱に組んだ時に側面に合わせて削ります。
運転席のHゴム窓は、上方向に拡げるのと、瞬間接着材を盛ってHゴムを表現、また窓Rも大きくしています。
助手席窓は窓枠を一旦削り落として、t0.3プラ板をはめ込み再度窓をあけ直しました。
貫通扉窓は元の窓枠を削って、下にt0.3プラ板を接着して窓の大きさを縮めてから、窓枠を作り直してます。

 

幌受けは元のモールドを削って、t0.3の厚みが正面に向くようにして接着しています。
幌用の穴はもちろん、事前に埋めてます。

 

運転席窓上のルーバーを塞いだ板はt0.14プラ板、助手席窓上の運行表示器はタヴァサのパーツです。

 

作製中の前面

前面の状態(ちょっと幌枠の幅が広かったかな・・・)

 

実際には箱にまで組み上がってますが、これについては次回で。

Filed under: N車輌,クハ68408(GMキットから) — kenyan 8:27 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">