趣味の総合サイト ホビダス
 

クハ111-137の続き

前回からそのままのクハ111-137ですが、ひさびさに整備作業をしています。

 

ますはレタリング類のやり直しです。
以前は、グリーンマックスの大きな字体のレタリングを使用していましたが、やはり違和感があります。
ここ最近でレタリング類もいいものが各社から出ています。
形式、ATS表記、所属表記はくろま屋製、エンド表記はレボリューションのものを使用しました。
JRマークは昔に買ったTOMIXのものです。JRマークは、まだ手持ちがありますが、そろそろ何らかの方法で再販してほしいものです。

 

次に色入れとして、靴ズリにクレオスのシルバーを、戸当りゴムと乗員扉周囲のスミ入れにタミヤのエナメルのフラットブラックを差しました。

スミ入れはフラットブラックでは少々どぎつい気がしないでもないですが、全体でみれば引き締まったのではないかと思います。

 

側面ガラスについては、窓の周囲の隙間が目立ちます。
特に目立つサッシ窓についてのみ、KATO製153系用の窓ガラスの上サッシ分を削ったものをはめ込みました。
これでかなり感じがよくなりましたが、アルファモデルやKATOの111系を見慣れた後では、達成感が小さいです。

 

本当ならこの後に、車体全体をクリアーで吹いてレタリング類の保護をしたいのですが、まだやっていません。
編成を組む他の車両にも同様の作業をしてから、一緒にクリアーを吹こうと思います。

 


側面の状態。

Filed under: N車輌 — kenyan 7:37 PM  Comments (0)