趣味の総合サイト ホビダス
 

クモル23002(6)

今日も風邪気味の中の作業でした。
パンタ側の前面は手スリ、配管類を付けたのでかなり顔付きが変わってきました。
手スリは、ヒゲ付と窓柱のものはタヴァサのパーツ、その他はφ0.25真鍮線です。
配管は母線はφ0.4、作用管2本はφ0.25真鍮線です。
この車輌の配管、前面窓の視界を遮らないように窓の部分を避けています。特に作用管の内側の1本は窓部分で、もう1本の下側に隠れているのが特徴です。
屋根上の配管は資料が無いため、同系車を参考に半分推測です。
パンタグラフはTOMYのものを使いました。これは付属のランボードの寸法がちょうど良さそうだったからです。
非パンタ側の前面は正面にジャンパー栓受のフタ(タヴァサのパーツ)を取り付けました。
運転室扉は実物が増設したもので、額縁表現は不要です。額縁部分をプラ板で埋めて、ドア高さも若干低くしています。
また乗員扉脇の手スリも、パンタ側の形状と違い、飛び出たタイプなのでタヴァサの手スリパーツにしています。

こうして2個の前面を比べると、別人のようになってきました。

Filed under: N車輌,クモル23002 — kenyan 9:28 PM  Comments (0)

クモル23002(5)

なんだかまだ風邪気味です。おかげで集中力が続かない・・・
前回パンタ側前面のウインドヘッダーのリベットを削り落として、力が抜けてしまいました。
元々表現がなければ何とも思わないのですが、あったものがなくなると淋しいものです。
ということで、リベット付ヘッダーを付け直しました。
どこかでパーツが出ていた記憶もありますが、今回はt0.14プラ板にリベットを打ち出したものです。
打ち出す道具は、ルーター用の丸ノコギリです。これをカッティングマットの上に載せたt0.14プラ板の上を、金尺に沿ってコロコロと転がしただけです。
細く切り出せば出来上がり!もちろん、何個も失敗していて、使えそうなものを選んでます。

元のヘッダーは削り取って、接着です。元のものとはピッチが違いますが、この方が良い気もします。

こんな感じ。左のプラ片は母線の土台です。

Filed under: N車輌,クモル23002 — kenyan 11:28 PM  Comments (0)

伊豆箱根1000系

トミーテック鉄道コレクション第7弾の大井川鉄道ですが、伊豆箱根時代の3連にしたく切り継いで中間車を仕立中です。

種車はモハ1001×2輌です。
事前にIPAで塗装を剥がした車体を運転室直後で切り継いでいます。
屋根板は、プラ板で延長の上、パンタ周りのディテールの削除および穴埋めをしています。
不足するグロベンは余った屋根板から持ってきています。

そのままでは土台が無いので、M1.6の平ワッシャーをかましています。
ちなみに平ワッシャーはウィルコの通販平ワッシャー/ニッケルメッキ品番FW-1638-03N)で買いました。
600個買いましたが、使い切れそうにありません・・・

Filed under: N車輌,その他 — kenyan 8:59 PM  Comments (0)

クモル23002(4)

先週は風邪でグダグダでした。なので、あまり進んでいません。
前面のディテール付け中心の作業です。
縦樋はt0.3プラ板の帯です。もう少し細くてもよかったかな、て感じです。
テールライトと大鉄型ベンチテータはタヴァサのパーツです。
パンタ無し側の前面には、銘板が並んでいます。いろいろ考えましたが、引伸ばしたランナーを楕円に削り、輪切りにして量産しました。
同じ側の前面の左テールライト横の票差のようなものは、t0.14プラ板を細切りしたもので作りました。
いろいろ作業していたら、パンタ側前面のウインドヘッダーのリベットを削り落としてましたorz
なお、車体裾は実物写真を参考に斜めに削り込んでいます。

Filed under: N車輌,クモル23002 — kenyan 9:10 PM  Comments (0)