趣味の総合サイト ホビダス
 

JRリバイバル「113系新快速」(4)

前面の作業は置いといて、また側面の作業をしました。
Hゴム窓はドアのもののみ、ゴムの周りをケガキ針で掘り込んで実物の雰囲気に近づてます。
Hゴムそのものも表面を削って、ドアが開いても(模型では開きませんが・・・)戸袋がHゴムでつっかえないようにしています。
今のところ、クハの側面のみこの作業が終了しました。
モハ112・113はモハ112-5002のみHゴムで、他3輌はHゴムなしのドアに交換されてた、と思っていたのですが・・・
改めて「リバイバル新快速」時の写真を見ると、全てHゴム窓のドアになっていました。最後の最後は、また交換されてたのかな?

まだまだ完成までの道のりは遠いです

Filed under: JR113系新快速,N車輌 — kenyan 11:29 PM  Comments (0)

ZJゲージの第1弾のクハ481

今回は、Nゲージの話ではないのですが・・・
最近第2弾の発売された食玩のZJゲージですが、以前の第1弾とともになんとなく買ってしまいました。
今回の先頭車、前面の特急シンボルマークが立体的表現に変更されてて、かなりイメージがよくなりました。
こうなると第1弾の印刷表現はかり見劣りします。
そこで、パーツを使ってイメージアップをしてみました。
使用したパーツはKATOのNゲージキハ82用の特急マークです。

10個入りで税込み315円ですので、まぁ安い方ではないでしょうか。
車体に穴を開けて取り付ければ完璧ですが、小さい車輌だけにちょっとした穴位置のズレで表情が変わりそうです。私は無理をせずパーツ側の脚を切り落としゴム系接着剤で取り付けました。
元の印刷も消せばいいのですが、パーツでほとんど隠れるので、これもそのままです。
内容的には誰でも思いつくことで、すでに実行されてる方も多いとは思いますが、ご参考までに・・・

いい感じなので、第2弾も交換してみようかな・・・

Filed under: N車輌,その他 — kenyan 6:28 PM  Comments (0)

JRリバイバル「113系新快速」(3)

一方の前面だけですが、手スリと幌受を付けました。
どちらもタヴァサのパーツです。手スリは113、165形用のもの、幌受及び渡り板は新型国電用パーツセットBのものです。
手スリは基本的に元の位置に付けますが、貫通ドア用下側のものだけ、元より若干高めの位置に付けています。
方向幕両脇の手スリは、屋根カーブの修正をするつもりなので、今はつけていません。
またドアノブの位置も修正のため、元のモールドを削って付け直します(今は薄くしたプラ板製の土台のみ接着)。
幌受は細く見せるため、上下方向は外側から、横幅は内側から#600くらいの紙ヤスリ(平角材に貼り付けたもの)で若干削っています。
なおこの幌受のパーツはロットごとに微妙に大きさが違うようで、今回使ったものは以前より横幅が狭く縦長のような気がします。
テールライト下のステップも、パーツに置き換え予定です。
ただ、今取付けると今後の作業でいろいろと面倒になりそうですので、塗装直前に取り付けるつもりです。
現時点では元の成型を削り、取り付け穴を開けたのみです。

新しく買ったデジカメで撮影しました

Filed under: JR113系新快速,N車輌 — kenyan 7:43 PM  Comments (0)

デジカメ壊れた・・・

デジタルカメラが壊れてしまいました。
ここ一ヶ月ほど、被写体の淵が虹のようになったり、全体が縞模様になったりと兆候は出始めていました。
模型撮影のときも、何枚か撮ってマシなものを使っていたのですが・・・
本日、完全に逝ってしまいました。

記念の写真を貼り付けておきます。
修理するほど高価なカメラでもないので、今週末は新しいのを買いにいきます(また貧乏になる・・・)。
デジカメくん、3年間ありがとう!

Filed under: 日記 — kenyan 9:33 PM  Comments (0)

JRリバイバル「113系新快速」(2)

ずっと放置プレイ状態でしたが、久しぶりに作業を再開しました。
前面はヘッドライトとテールライトに銀河モデルのパーツを使っています。これは別に放置中のK8編成がタヴァサのパーツを使っているので、違いを比較したいからです。
パーツはそのままでは後ろの出っ張りが長く、ライト点灯の際に邪魔になりそうなので1.5mmくらいカットしています。
取り付けの際には真正面を向くようにしますが、無理に力を入れて取り付けると車体が割れるので注意が必要です。私は一部割ってしまい、修正に時間を費やす羽目になりました。
手スリ類はタヴァサのパーツを使い、作業の簡略化をする予定です。
幌受けについてもタヴァサのパーツを使う予定ですが、そのままだと強調されすぎるので、元のモールドの厚みを削っています(まだパーツは付けてません)。
側面は、まずこのキットの難点のひとつの、窓周りの段差を削ることから始めています。
先端を砥いだ精密ドライバーやアートナイフの先である程度削って、幅2mmくらいの木の平角材に貼り付けた#400~1000の紙ヤスリで仕上げています。
かなり根気のいる作業ですが、この作業の有無で完成後の印象は大きく違います。
ということで今のところは、ここで作業が止まっています。

仕上がり大丈夫だろうか・・・

Filed under: JR113系新快速,N車輌 — kenyan 10:46 PM  Comments (0)